3日目
 静かに夜が明けていきます。
 鳥や虫たちの声、みんなの寝息も聞こえてきます。


 ロープをほどいて、下して、カバンの中に入れる
 のも山から持って降りるのも自分たちでやります。


「またね」

森を離れる前に木に感謝を伝える。

「つ・冷たい・・・」
青空の家では
とちのき村からのんびり
と歩いて家に帰りました。

トランプをしたり、お昼寝
をしたり、わき水に足を
冷やしに行ったり自分の
好きなように過ごしました

おやつはスイカだよ。
うどん打ち
今夜のメニューは手打ちうどん!
こねこね
ふみふみ
コロコロ
パタパタ
トン トン トン

あとはグツグツ煮込むだけ
なんだこの大きな麺は!!

自分たちの打ったうどんは最高でした。

 夏の思い出にみんなで花火をやったね


 4日目
 海へ行きました
 
    森と海はつながっていることを感じようと、青空の家から水系がつながっている香美町香住区の今後浦に出かけました。

磯観察のはじまりです。

何だこれ〜?


小さなウミウシに出会いました。
海には山にはいない面白い生き物が
たくさんいます。
でも、森が元気だと、その下流の海も
元気になるそうです。

最後の夜はキャンプファイヤー
大盛り上がり!お月さまものぞき見してたよ。


5日目
最終日は「マイ風呂敷」作り。
自然学校での思い出の場面が
描かれました。

毎年恒例の流しそうめんは雨の
ため、ボールの中で回しそうめんに
なりました。
青空のテーマソングに4番が増えました

はるかな山々の  青空の家に
集まる子供たちの 元気な話し声
どんな時でも    笑顔でいよう
心つながる     われらの青空よ


参加した子供たちが考えてくれました。
阪神間の子たちから見たら青空の家は
いくつもの山を越えた向こうにある場所
なのだと気づかされました。
       2007年 夏
 青空自然学校が無事に終わりました。
 昨年子供たちの中から「海に行きたい」
 との要望があり、自然学校として初めて
 海へ出かけました。

 森の中で1泊、海での磯観察、青空の
 家で過ごした時間・・・参加したみんなの
 中で1番の思い出は何かな?

 青空自然学校はみんなの夢を叶える
 場所です。みんなの想いが家を私たちを
 元気にさせてくれます。

 来年も自然学校に遊びに来る
    元気な子供たちを待っています。

1日目へ戻る

トップヘ