子どもゆめ基金助成事業          青空森林クラブ育成プロジェクト2007

青空自然学校2007

 1日目
 お昼過ぎに子どもたちが到着しました。
 待ちに待った4泊5日の青空自然学校が始まり
 ました。
 森について、自然について考える5日間です。

 1年ぶりに見る大きく成長している子供たち。
 初めて青空自然学校に参加する子供たち。
 夏休みの終盤、真っ黒に日焼けしたみんなとの
 5日間がスタートします!

 
 たかさんから「獣道」の写真を見せてもらい、獣道を
 探しに探検に出発。


体長1cmほどのカエルが葉っぱの上で休憩中

   青空の森の周りに住む生き物をテーマに
   スペシャルヒントリレーをして遊びました。

1日目は手巻き寿司でウェルカムパーティです。 
かぼちゃサラダにトマトのスープ、豚のロースなど
おなかいっぱい、いただきました。          


食後は家の前の池で食器洗い。
ロープワーク
 2日目のツリーイング&ツリートップステイは自分が結んだロープで登ることにチャレンジします。
 小学3年生の子から中学2年生の子まで、みんな一生懸命にロープに向かい合います。
 結べた時には満面の笑みがこぼれます。「早く明日にならないかなぁ」って話しながら1時間で終了しました。
2日目
 とちのき村のキャンプ場への移動の日です。

 昨夜はしゃぎ過ぎたのか、目覚めはゆっくり。
 朝の散歩は歯みがき・洗面にでかけて、朝食、
 昼食のおにぎり作り、リュックサックに荷物を用意
 して、さぁ出発!!

 今年も「キツネとウサギ」ゲームをやったね

キツネに見つからないように・・・

 絵本の「葉っぱじゃないよ ぼくがいる」を読んで
 森の妖精探しをしました。

 集まったときに、どんな妖精と出会えたのか、妖精
 が何と言っていたのかをお話しをしました。 
 とちのき村のキャンプ場へ到着!
 荷物を下して、木陰でほっと一息ついてから
 昼食はみんなが握ったおにぎりです。
 赤ちゃんのこぶしのような小さなものから、野球
 ボールのように大きなものまで、味も4種類くらい
 あって人気は「若菜ふりかけ」でした。

Tree+ingの始まり
 みんなが楽しみにしていた時間が始まりました。ロープを担いで登り、ロープをセッティングする説明を聞いて
 自分のロープは自分でかけて、結んで、登る!練習を思い出しながら・・・

こんな風にのんびり休憩しながら遊ぶのが
青空流。誰かが座るとこんな風に集まって
きます。                     
遊び終わってから、夜どんなふうに過ごす?
ってお話をしていました。           

 夕方になってからテントを設営


「中はひろ〜い」余裕で立ち歩けます
雨が降ったとき用のお守りテントだけど、
今夜は必要がなさそう。大きなテントを 
立てると、設営もやりごたえがあります。

夕食はみんなが手分けをして作ってくれます。
1日外で活動をしたのでおなかもペコペコ。  

元気に
いただきます
いよいよツリートップステイ


「ツリーモックに入ったら、こんな風に寝袋に入るんだよ」って説明を聞いて、ヘッドランプや寝袋を準備します。準備ができたらみんなで記念撮影。
寝袋を抱えて森の中に入ります。寝袋を腰にぶら下げて「重い〜」って言いながらゆっくり登っていきます。
みんながツリーモックの中に落ち着いて、寝袋に入ると周りからは虫の音、地上からは動物の足音が聞こえ始めました。おやすみなさい。

3日目
 静かに夜が明けていきます。
 鳥や虫たちの声、みんなの寝息も聞こえてきます。


 ロープをほどいて、下して、カバンの中に入れる
 のも山から持って降りるのも自分たちでやります。


「またね」

夜をすごさせてくれた木に感謝を伝える。
森をいつもと違った角度で眺めることができました。
森に朝がやってくる瞬間はやさしい風が吹くはじめることも知りました。
林業体験
地域の古老に森の生活についての話を聞き、杉林の間伐作業をしながら森の整備の方法について学びました。
これから青空森林クラブの担い手になってほしいと思います。

「つ・冷たい・・・」
青空の家では
とちのき村からのんびり
と歩いて家に帰りました。

トランプをしたり、お昼寝
をしたり、わき水に足を
冷やしに行ったり自分の
好きなように過ごしました

おやつはスイカだよ。
うどん打ち
今夜のメニューは手打ちうどん!
こねこね
ふみふみ
コロコロ
パタパタ
トン トン トン

あとはグツグツ煮込むだけ
なんだこの大きな麺は!!

自分たちの打ったうどんは最高でした。

 夏の思い出にみんなで花火をやったね
 4日目
 海へ行きました
 
    森と海はつながっていることを感じようと、青空の家から水系がつながっている香美町香住区の今後浦に出かけました。

磯観察のはじまりです。

何だこれ〜?


小さなウミウシに出会いました。
海には山にはいない面白い生き物が
たくさんいます。
でも、森が元気だと、その下流の海も
元気になるそうです。

最後の夜はキャンプファイヤー
大盛り上がり!お月さまものぞき見してたよ。
5日目
最終日は「マイ風呂敷」作り。
自然学校での思い出の場面が
描かれました。

毎年恒例の流しそうめんは雨の
ため、ボールの中で回しそうめんに
なりました。
青空のテーマソングができました。

はるかな山々の  青空の家に
集まる子供たちの 元気な話し声
どんな時でも    笑顔でいよう
心つながる     われらの青空よ


 参加した子供たちが考えてくれました。
阪神間の子たちから見たら青空の家は
いくつもの山を越えた向こうにある場所
なのだと気づかされました。

 遠くても山や森について「どうしている
のかと」思うことが森を育てるんだよ。
 青空森林クラブ育成プロジェクト2007
 青空自然学校が無事に終わりました。
 
 昨年参加した子どもたちの中から「海を
 見たい」との要望があり、今回初めて
 森とのつながりを考えようと海へ出か
 けました。

 森の中で1泊、海での磯観察、青空の
 家で過ごした時間・・・参加したみんなの
 中で1番の思い出は何かな?

 青空自然学校はみんなの夢を叶える
 場所です。みんなの想いが家を私たちを
 元気にさせてくれます。

 来年も一段と元気に大きく成長した青空の
 森へ遊びに来てくださいる