キャンプ地の設営とナイトハイク

雪洞製作 
   2晩泊まる雪洞を自分で作ります。

 「しんどいけれどやめられない」不思議な感覚。

 ダイニングもイグルーで。ここで食事をとるんだよ。
とってもあったかくて快適な空間。

夜の交流会  
但馬牛とマツバガニのバーベキュー。 但馬の幸満載だよ。
ナイトハイク
昨日降った新雪が凍りつき、キラキラ光ってとてもきれい。
目的地は「三つ滝」1時間ほど夜の森を歩いたよ。
この夜は氷点下10度。なのに心はとてもあったか。不思議だね。

夜の森はすてきな世界

夜、雪に覆われた森を歩いたことがあるかい。

 *−−−と不思議な音がするんだ。冬の森でしか感じることのできない音。静粛という言葉がこんなにぴったりくる「音」は冬の森でしか聞くことができないなー。

 森の中は「光」に満ちあふれてる。空中のダイヤモンドダスト。雪面の結晶の輝き。樹木の枝先の氷の粒。夜空のお月様。みんなひとつの世界に調和しているんだ。
 懐中電灯なんかなくても、なんとなく歩けちゃうよ。  森は「雪あかり」に満ちている。

 夜の森は驚きと発見の連続。さっきついたばかりの雪面の足跡。動物たちがどっちに行ったのか、何をしていたのか一目瞭然。遠くでささやくキツネの吐息も聞こえそう。
耳を澄まし、目を凝らす。肌で感じる。まるで感性のテーマパーク。

   おやすみなさい。
雪洞では、冬用のシュラフ(寝袋)や
シュラフカバー、マットのセットがあれば快適。
とってもあったかで汗をかくほど。
自分で作った雪洞に、1本のローソクをつけた
とき、その明かりのきれいさは例えようがあり
ません。。